藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

櫨の実から蝋を取り出す生産工程....荒木精合資会社

和ろうそく

櫨の実から蝋を取り出す生産工程....荒木精合資会社
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

江戸時代(1603~1868)藩主の奨励も相俟って、櫨蝋から作る和蝋燭は、急速に普及発展していきます

江戸時代に入り、和蝋燭が出回ることになりますが、庶民には高嶺の花でした。

文献によると、江戸初期の和蝋燭の価格は、10匁(37.5グラム)の蝋燭が24文で、当時の大工さんの一日分の賃金と同じだったようです。

当地柳川藩でも元禄16年(1703)には、「櫨運上の制」を定め、藩の財政を潤すため、木蝋の製造が促進されることになり、田畑や道筋などに櫨の木が植えられます。
亨保2年(1717)、瀬高町の談議所で武田蝋屋が創業を始め、藩の奨励もあり、蝋屋と呼ばれる板場(製蝋所)をもつ木蝋製造業者ができて行きます。

農家も櫨の実を高価で引き取られ、また正月前の現金収入になるため、櫨の木を増やしてゆきます。

秋の紅葉の時期には、田畑や道筋、川や土手などの櫨の木は赤く染まり、木蝋は柳川藩の主要産物に成長し、幕末から明治維新へと木蝋の需要は、維新前の薩摩藩からの特需も相俟って、生産も拡大し、蝋屋も増え続けます。

柳川藩は、「筑後蝋」として、瀬高町下庄談議所から矢部川を通じ舟により、大阪や長崎に領外輸出を始めます。

大阪市場では、福岡県産の木蝋が8割を占め、日本一の生産高を誇り、木蝋は、石炭とともに、藩財政を支えていきます。

因みに荒木製蝋所が1850年に創業を始めます。

そして、明治維新を迎えます。(1868)
江戸後期から明治にかけて、蝋燭といえば、櫨蝋が中心となり、その座を不動のもとします。






世界30カ国で累計40万食突破!
女性の間で美と健康への意識がますます高まる今日にぴったりな、キヌアでできたヘルシーグラノーラです。
---------------------------------------
そもそも""キヌア""とは?
---------------------------------------
TBS「王様のブランチ」やNHK「朝イチ」など数多くのメディアで取り上げられるキヌアは、類まれな栄養バランスを誇るスーパーフード。
美と健康を求める方々の間でいま大注目の食材です。

●世界初のキヌアのグラノーラ
忙しい朝でもさらっとキヌアを食べられる!
無添加・自然素材100%で自然な甘みが絶妙。
ロンドンのモデルが開発した、美と健康のためのグラノーラです。

●海外でもメディアが注目してやまない美活商品
日本でも話題沸騰中のキヌアを手間なく食べられるということで、海外有名メディアに掲載された数はなんと350回以上!
イギリス本国で「食のオスカー」と言われる『GREAT TASTE AWARDS』も受賞した実力商品です。

●日本ではここだけ!注目必須の食材新商品


旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法