木蝋・和蝋燭の歴史②

和ろうそく

木蝋・和蝋燭の歴史②
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

中国伝来の蝋燭も遣唐使が中止(894)されたことによって、蝋燭の輸入が途絶えます。

それでは、櫨蝋の歴史等について、引き続き文献から拾ってみます。

日本で蝋燭が灯されたのはおおよそ奈良時代(710~784)のようです。
仏教とともに中国から伝来し、宮廷や寺院で使用されていたようです。

中国伝来の蝋燭も遣唐使が中止(894)されたことによって、蝋燭の輸入が途絶えてしまいます。

(この間は、数百年は、和蝋燭に関する記述がないようです)

中国から蝋燭の輸入が再開さされたのは室町時代(1336~1573)になってからです。

漆(うるし)実(み)を主原料とする蝋燭が、宝徳年代(1449~1452)に会津藩の製蝋所で作られていたと記録されています。

安土桃山時代、慶長4年(1598)上杉景勝の冶世においても製蝋所で蝋を製造し、蝋燭等を作っていました。

室町時代後期、永禄、天文の頃(1532~1570)には、陸奥、越後の土産として、木蝋の蝋燭があったことが、文献に記録されています。

この頃、木蝋の製造方法が伝来し、国産の和ろうそくの原型ができたのであろうとかんがえられます。

松浦宗案と主君土居清良侯との「農事問答集」に櫨の記述があります。

宗案は、室町時代後期の永世年代(1504~1521)に伊予国北宇和郡三間村に生まれ18才の頃より、諸国を訪ね、武術と農法を極めた人です。

同書には、1008種の作物の栽培法、選種法等が説かれ、この農業書は世界最古の文献と称されています。
もちろん椿や櫨の実からの油のとりのことが記述されています。

安土桃山時代、文禄3年(1594)、堺の納屋助右衛門が呂宋(ろそん)より帰って、蝋燭千挺を豊臣秀吉に献上したことが、日本物産の由来(秋鹿見二著)なる書に記述されていることから、この頃には一部の上流階級に蝋燭は普及していと考えられます。




「マツコの知らない世界」「めざましテレビ」など、全国的にも有名な番組にも多数取り上げられている実績のある高級プリンの専門店です。

特別な製法で容器内を真空にし、出来立ての味を長く楽しんでいただける無添加で賞味期限が長いプリンです。

洋菓子コンテスト金賞受賞のシェフが作るこだわりプリン。


旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ