櫨蝋・和蝋燭の歴史⑥

和ろうそく

櫨蝋・和蝋燭の歴史⑥
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

平成30年を境に、経済成長期を迎え、伐採が始まり、木蝋製造業者も時代の流れと共にひっそりと姿を消していきます。

木蝋の生産量は、日本の経済成長が始まる頃、昭和30年度をピーク(1105トン)に減少の一途を辿り、平成15年度の生産量は73トンにまで落ちこみます。

福岡県の森林、林業の現状という資料を調べてみますと、木蝋生産量は、全国で54トン(平成19年度)、福岡県23トン(平成20年度)と更に落ちこんでいます。
その後の木蝋の生産量は、平成19年(54トン)平成20年度(25トン)平成21年度(22トン)と急激に落ち込んでおります。
この数字は事実かなぁ~と、思うほど急激な減少であります。
この生産量の数値は、特用林産振興会会合で配布された資料であり、信頼できるものと思っております。

櫨の木も川や土手などに枝葉を伸ばし、秋には紅く染まり、たわわに実をつけて人々の生活を支えていました。
平成30年を境に、伐採が始まり、木蝋製造業者も時代の流れと共にひっそりと姿を消していきます。

福岡県には、昭和62年度、6業者になっています。

亨保2年(1717)に創業の瀬高町下庄の武田蝋屋(昭和11年に海上輸送から鉄道輸送に切り替えるため瀬高駅近くに移転し、日本木蝋に名称変更しています)は、昭和50年(1975)頃に廃業され、258年の歴史を閉じられています。

明治34年(1901)創業の瀬高町吉井の亀崎製蝋所は、平成14年3月(2002)に廃業され、木蝋生産101年の歴史でした。

みやま市高田町江浦町にある荒木製蝋合資会社の木蝋生産の歴史は、嘉永3年(1850)創業からなんと165年、木蝋生産の歴史を重ねてこられました。

木蝋は江戸時代から日本に伝わる伝統産業の中で重要な位置を占め、みやまの重要な地場産業でありました。

高度成長期に入るや歴史と伝統ある木蝋も津波のごとく押し寄せてくる経済至上主義と石油文明に洗われながら現在に至っています。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ